古銭買取dayのロゴ
古銭は古くないと高額買取をしてもらえないのか|古銭買取day

古銭は古くないと高額買取をしてもらえないのか

古さよりも希少性の方が重要

貴重な貨幣を持っているけれど、比較的新しいものだから古銭買取に出しても売れないのではないかと考える人もいます。確かに古いものの方が高い価格で買い取ってくれることが多いのは事実です。しかし、古銭の買取価格を決めるのは希少性なので、たとえ最近発行された貨幣であっても希少なものなら高額買取をしてくれる可能性は十分にあります。記念硬貨で数枚しか発行されなかったようなものなら、たとえ半年前のものだったとしても買い取ってくれるでしょう。

古いものが高く買い取ってもらえることが多いのは、現存しているものが少ないと考えられるからです。新しくても数が少なければ高く買い取ってもらえると考えると良いでしょう。発行枚数が多かったとしても、ミスプリントのものであれば希少なので高く買い取ってもらえます。そのミスの種類によって価値にも差が生まれ、発生する頻度が低いと考えられているミスプリントのものほど高くなります。

希少性については素人目では判断し難いこともあるでしょう。記念硬貨の中には何百万枚も発行されていて希少価値がないものもあります。そのため、新しいと高く売れないこともあるので注意は必要です。売れるのかどうかが気にかかったら、まずは古銭買取店に問い合わせてみるのが賢明です。電話やメールなどでこの貨幣を売りたいけれど、どのくらいが相場なのかと聞いてみれば快く教えてくれます。高く売れるとわかったら、そのまま買取依頼をすれば良いでしょう。

TOPページへ